林檎成分表示

紅玉が身をもって経験したその日の出来事の溜まり場。ペースなんてあったもんじゃない。

2017-11
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またひとつお話終わり

手を振るのは早いけれども。

「対T北G院大学総合定期戦」のお手伝いに行ってきました。
だらだらと追記で。
相当長いです…
集合は11時。
お手伝い内容は2つ。
ケース運搬と、パレードに参加しない東北の吹奏楽団の方々の誘導と接待。

ケース運搬はとべこ(仮)さん、眠り姫さん、セシリーさんとご一緒。
朝方まで雨が降っていたため、ちょっと動くととても暑い。
スーツには拷問です…

セシリーさんは借り物のスーツが冬用だったらしく、余計に大変そうでした…

運搬終了後、若干休憩してからタクシーで大通の会場へ。

「西6丁目」というアバウトな住所しか覚えていない…
しかし会場が近くなると、目の覚めるようなスカイブルーの集団が。
良い目印ですね(´∀`)

合流して、ちょっとお話。
暑い中お疲れ様です。

マーチング初挑戦の人もいるので、体調不良者が出ないことを祈るばかり。

写真撮影も終わり、移動。
ここで私はほかのお手伝いさんと別行動になります。

東北さんのPメンツ外集団(パレードに出ない人)のリーダーさんとご挨拶。
とっても可愛いお嬢さんでした。
上戸彩に似てました。

外は暑いので1番出口から地下にもぐる。
わがままですんません。

切符を買って、学園へ。
ちょうど祭の時期で、地下鉄は込み込みでした…
唯でさえ暑いのに。

鍵を取りに行って、楽器ケースなどを積み下ろし。
運搬の前に、トラックを駐車場へ移動。
場所の説明が「ユニハイの隣」としか聞いていなかったので、ちょっとドキドキ。
柵を避けてトラック停車。
生徒が運転してるって凄いですよね…

その後、3番練習室にケースを収納。
その他荷物は会議室へ。

あっちで鍵を開け、こっちで誘導。
鍵を閉めたと思ったら、別の鍵が必要だったりして。
ちょっとテンパった…(使えない子)

荷物移動が落ち着いたところで、医務室へ。
リーダーの子がバス下車の折に転倒したらしく、脚が痛々しい事になっていまして…
もの凄い擦り剥き様で、可哀そうでした;;

こういう傷はかさぶたににして、乾燥させる方が殆どだと思うのですが。
ぐしゅぐしゅな傷でも我慢して、乾燥させないほうが傷の痕が残らないらしいですよ。
小まめに絆創膏を取り替えて、傷薬をたっぷり塗るのを繰り返す方が良いみたいです。

それからストッキングを買いに行って、しばし待機。

やがてパレード本体が学園到着。
そこと合流して、開会式セッティングへ。

ここで本体のお仕事は終了。

しかし、暇と言えば暇なので、とべこさんと最後まで出てみる。
なかなか始まらない開会式に、センセイ方の短い挨拶。
それとHGU側の挨拶に、ことごとく敵対心がにじみ出ていてワロタwww

楽器撤収をちょっとだけ手伝って、ミーティングも出て終了。


帰り際、飲みに行く話が。
ちょっと迷いつつも、行ってみる。

だって、ビールの美味しい気温だったんですもの。

メンバーはコマさん・ハムさん・サリーさん・マコ村さん(で良いのかな名前…)+私。
全員4年生で元役員。
最初で最後のメンバーかもしれません。
てか同じ学年だけで飲んだのもはじめてかもwww

300円の居酒屋(ちょっとアメリカ的スタイル)にいきました。
お絞りがとても冷えていて、5人が5人とも「ゔぁ゙ーーー」とか言いながら顔を拭く。
おっさんwww

本当、化粧とか気にしてられないほど気持ちよかったです。

全員が「とりあえずビール」で始まり
「もりもり五目チャーハン」実物を目にした際に「ちいさい…」と呟き
マコ村さんが座席に横になった瞬間、ばね仕掛けのおもちゃのように跳ね起きたり
ハムさんの上着で相当笑ったり(ごめんなさい)

正直途中から殆ど覚えてなくて、帰り際の地下鉄でリセットもしましたが、相当楽しかった。
死ぬほど笑わせてもらいました。

自宅についた記憶もなく、でも起きたら寝巻きに着替えてました。
よっぱらいってふしぎ!
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://ruby69apple.blog13.fc2.com/tb.php/501-9bcbd978

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。